姿Stance

その関係は気持ちいいか?

人に生じる問題の根本は、
なにかしらの関係の間にあります。

人と人、思想と仕組み、自然と人間、心と体。
社会にはさまざまな関係が存在し、影響しあっています。

関係に生じた小さな違和感は、
やがて大きな問題へと肥大していきます。
僕たちはこの小さな違和感を見逃さないために
一つの問いを持って”関係”を常に見つめます。

「その関係は気持ちいいか?」

なにか頭を悩ます前に
一度この問いかけをすることで、
きっと優しい答えが出せるはず。

先の読めない未来に悩むよりも
今ある関係に真剣でありたい。

これが僕たちの基本姿勢です。

Vision

感じ、動き、発する社会。

違和感を感じた時、
解決のために能動的に
行動できる人を増やしたい。

さらに
見つけ出したやり方を伝え広げることで
同じ問題で悩む人の答えにつながる。
そんな循環をつくりたい。

今や誰もが簡単に情報発信できる時代の裏側で
何も言えず孤独に悩んでいる人がいます。

解決の糸口が見えず
誰に聞いたらいいかもわからない。

インターネットには
誰かの発する言葉がある。

感じた違和感を伝えよう。
動いた結果を共有しよう。

あなたの発した言葉で
だれかが動き出せるかもしれない。

僕たち自身
個別に感じている違和感を
解決すべき使命ととらえ
行動し、発信しています。

Method

枠にはめる。

課題と出会った時、
ゼロから解決策を考えようとする人がいます。
それはとても大変なことです。

そんな時僕たちは
枠にはめて考えます。

いつものやり方、いつもの方法、いつもの場所とはちがう。
でも決して新しいわけじゃない解決策は、
必ずどこかにある。

僕たちの定義する枠とは

  • ・考え方や価値観
  • ・コミュニケーションの手法
  • ・場所や文化

のことを言います。

普段からあらゆる枠に興味をもち、
体験し、保存しておくことで
課題を枠にはめて考えることができる。
そこから、あなたの枠を創り出す。

それが僕たちのやり方です。

大きさの違う
3つの”枠”を作っています。

思考に枠

自分自身との関係を
気持ちよくする枠づくり

個人が自分の心や体との関係を改善していくための枠を提案します。
自分自身が感じる違和感を言語化し、自分を知っていく。
既存の手段を知り、試してみることで、その人なりのルールや特性を探し、
気持ちよく生きていくための枠(=価値観)を形作る手伝いをします。

会社に枠

社内の関係を気持ちよくする枠づくり

社内の関係性を改善していくための枠を提案します。
代表や会社が何を大切にしているのか。
どんな仕組みがあれば、関係性がよくなるのか。
企業文化を言語化し、代表・社員・パートナー・クライアントなどの
ステークホルダーとの関係を改善する枠(=コミュニケーションの手段)を作ります。

社会に枠

社会を気持ちのよい場所にする枠づくり

社会全体の考え方をアップデートできるような事業創出を企業とともに目指します。
企業が誰かの枠となること=価値であり、そもそもそれが企業が社会にあるべき意味です。
企業が自らの価値を言語化し伝えていくことで、「居場所がない」「解決できない」という
悩みを解決する枠を社会に実装します。

Board member

ナカタ

枠広報

01

01

1988年5月30日生まれ。立命館大学理工学部都市システム工学科卒業。2012年、株式会社ニトリに入社し、新店舗立ち上げや現場マネジメント業務に従事する。2015年に株式会社ニトリを退職。公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会のPRプランナーを取得し、フリーランスのPRプランナーとして企業広報やPR業務を請け負う。2016年、取締役の一人として株式会社まめを創業し、企業の広報/PR代行業務を行う。2020年に株式会社まめを退職し、2021年に株式会社枠を創業。

白井 康太

代表取締役(経済), Producer

notefacebook

01

01

1991年3月11日生まれ。東京大学文学部卒業。2013年、NHK入社。京都放送局に配属後、番組ディレクターとして、ニュース企画やスポーツ中継に携わる。主に、教育や福祉に関わるドキュメンタリー制作に注力する。2018年退職後、フリーランスとして、映像制作やデータ分析、システム開発およびNPO法人での10代のキャリア支援など幅広い分野で活動。その後、2021年に株式会社枠を創業。

岡﨑 拓也

代表取締役(関係), Project Designer

notefacebook

01

01

大阪生まれ。九州大学芸術工学部環境設計学科卒業、九州大学大学院芸術工学府非常勤講師。大阪のデザイン事務所grafで丁稚として修行後、福岡の古ビル再生プロジェクト「紺屋2023」の設計、運営を行うno.d+a / TRAVEL FRONTでの勤務を通してデザイン、建築設計からイベント運営、アートプロジェクト等幅広い業務に携わる。   2014年、グランフロント大阪ナレッジキャピタルの総合プロデュース室を経て2017年より株式会社ロフトワークに入社。web制作、コミュニティデザイン、空間プロデュースからデザインリサーチまで様々な領域のプロジェクトを担当し、2021年PMP®(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)取得。プロジェクトマネジメントのナレッジを様々な場所・形で活かし伝える取り組みを行っている。 ※ロフトワークでの業務と兼業する形で枠の事業に関わっていきます。

上ノ薗 正人

代表取締役(環境), Creative Director / Project Manager

notefacebook

01

01

1988年11月29日生まれ。神戸大学法学部卒業。2011年株式会社電通に入社し、関西支社にてマーケティング・ブランディング・新規事業開発業務に従事する。2016年に退職し、フリーランスとしてファシリテーション、マーケティング・プランニング、キャラクターデザイン、書籍装丁、音楽活動等、パラレルキャリアで活動。旅行記エッセイ漫画家「トナカイフサコ」として作品の発表も行う。2021年、株式会社トナカイの木を創業、現在も代表取締役に就任。2022年より株式会社枠に参加。

矢吹 フサコ

取締役, Facilitator

websitehatena facebook

01

01

Company

会社名
株式会社枠
設立日
2021年6月21日
所在地
〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-4-2 WRAP/英守大阪ビル4階
電話番号
06-6485-8919
資本金
1,000,000円
業務内容
・経営コンサルティングおよび事業企画
・ワークショップ・社内制度の設計・実行
・コンテンツのディレクションおよび制作
代表取締役
白井康太/岡﨑拓也/上ノ薗正人